京都から~

f:id:kapibarasanta:20180609215506j:plain

 

京都の師匠が、書道をがんばっているご褒美だと、プレゼントをしてくださいました。
私がずっと欲しかった道具や大好きなお茶やお菓子に小物、ぎっしり詰まってました。
ますますやる気が出てきたー!!!

師匠、本当にありがとうございます。愛しています!!!(笑)

初・隷書

乙瑛碑

いまから約1800年以上も前の、中国後漢時代後期に、魯の国の大臣である乙瑛が、祭祀を担当する役人を孔子廟に置くことを上奏し、その結果、認可された経緯を記す碑文です。乙瑛個人というより、それに関わる人々の功績を顕彰する内容となっています。

 

f:id:kapibarasanta:20180417150741j:plain

 

 

はじめて九成宮醴泉銘を書いてみた

九成宮醴泉銘 欧陽詢

太宗皇帝が九成宮へ避暑のため行幸した際、醴泉が湧き出たことを記念して建てられたもので、太宗の勅命により、天子の治世やその徳を称えた内容の銘文を魏徴が撰しました。

変換の候補に出てこない漢字ばかりが出てきて手間がかかります

楷書は提出用ではなくたまに気が向いたときに書いてみる程度です。せっかくお手本がありますので。

f:id:kapibarasanta:20180417115315j:plain

雲は開く万岳の春

f:id:kapibarasanta:20180219150306j:plain

気まぐれお習字日記。
墨液は100円ショップのものを使いました。ここだけの話。本当は使わないようにと言われているのでこっそり使います。でも使ってみると、いつも教室のときに使っている墨液との違いがあまりわかりません。少し薄いようにも感じますけど誤差の範囲内のように思えます。
紙は、少しガサガサした感じのものを使い始めました。去年までは100円ショップのものを使ってました。最初は表面がツルツルしてる100円の物の方が滑りが良くて書きやすく、なかなかこの紙に馴染めませんでしたが、最近やっと慣れてきました。

ではまた気が向いたら(笑)